ホテルメッツ宿泊予約

JRホテルメンバーズ会員限定プラン 宿泊プラン一覧 JRホテルメンバーズのご案内 お部屋から宿泊プランを探す

ホテルブログ

HOME > ホテルブログ

最新の記事

シリーズ:赤羽鉄道車両百科 その10

みなさんこんにちは。Tc205です。 JR東日本グループで、トレインビューの部屋が好評のホテルメッツ赤羽がお届けする赤羽周辺を走る鉄道車両にスポットを当てた連載です。 今回は、189系をご紹介します。

群馬県・長野県の県境にあった碓氷峠は66.7‰という急坂(1000m進むことに66.7m標高があがる坂)があり、従来の181系では8両までしか対応していませんでした。
信越本線は、東京と信州を結ぶ主要路線だったため、輸送量増強が求められ、碓氷峠を12両で登れる車両として1975年に開発されたのが189系です。
当初は、「特急あさま」として上野〜直江津を結んでいましたが、長野行新幹線の開業後は中央本線の「特急あずさ」や房総方面の「特急さざなみ・しおさい」などに転用されました。
写真は、東武日光線に直通し、新宿〜東武日光・鬼怒川温泉をむすんだ「特急日光・特急きぬがわ」での運用時です。車体色が東武鉄道の特急色にあわせてあります。
現在「特急日光」は253系に置き換えられ、他の189系も引退して、現在は見られません。

現在、日光エリアの紅葉は見頃を迎えているそうです。
東京エリアにも間もなく紅葉の足音が聞こえてきそうですね。
11月は都内の紅葉散策にホテルメッツ赤羽をご利用いただくと便利です。
上野・東京方面の東側には京浜東北線、池袋・新宿・渋谷方面には埼京線とどの方面にも電車でスムーズにアクセス可能です。
ホテルメッツ赤羽|2014.10.30 (11:30)

シリーズ:赤羽鉄道車両百科 その9

みなさんこんにちは。Tc205です。 JR東日本グループで、トレインビューの部屋が好評のホテルメッツ赤羽がお届けする赤羽周辺を走る鉄道車両にスポットを当てた連載です。 今回は、東京臨海高速鉄道70-000形をご紹介します。

70-000系(ななまんがた)は、大崎〜新木場間の東京湾海底を走る東京臨海高速鉄道りんかい線の電車で、JR埼京線の川越まで乗り入れています。
以前、京浜東北線を走っていたJR209系と同じ仕様で作製され、1996年に4両編成でデビューしました。
2002年のダイヤ改正でJR埼京線に乗り入れることとなり、一部編成が10両編成となりました。
2004年には、全編成が10両化されて、赤羽にも顔を出します。
車内の壁は、木目調で仕上げられていたりと、JR車と一風違った雰囲気でお台場まで快適に運転されています。

湾岸沿いのお台場・舞浜方面にもりんかい線直通で便利な赤羽。
秋の行楽に、ホテルメッツ赤羽をベースにしてはいかがですか?
ホテルメッツ赤羽|2014.10.25 (20:09)

車山高原

先日、長野県の車山高原に行って参りました!
某イベントで訪れましたが、
とても秋晴れで、諏訪湖周辺の紅葉も綺麗でした!
厳しい寒さを予想して冬支度で臨みましたが、
暑いくらいでした…。
しかし、もう季節は冬に向かっていますね。
体調管理をしっかりして、季節ならではの景色を楽しみたいと思います♪
ホテルメッツ赤羽|2014.10.22 (21:27)

秋は行楽シーズン

皆様こんばんは。
秋は行楽シーズン。
皆様は旅行のご予定はございますか。
私は歴史巡りが好きですので、行きたいところが沢山ございます。
北は北海道五稜郭、南は九州。
毎年休みを利用して行っても足りない程、日本には魅力的な地域が沢山ございます。
今一番行きたいところは平泉、関ヶ原、姫路、福岡。
毎月のように行っている米沢も行きたい場所がまだまだ沢山ございますので、旅への欲は留まることがございませんね。
紅葉が綺麗で食べ物も美味しい時期になって参りましたので、皆様も興味のある地がございましたら是非ご旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。
ホテルメッツ赤羽|2014.10.20 (19:43)

読書の秋

こんにちは。
最近、当ホテルすぐそばに新しいお店がオープンしました。
いろんな駅に入っている店舗ですが、店内の壁のディスプレイの写真です。
さてどこにあるでしょう。
正解者には素敵な商品・・・は特にございませんが、
当ホテルご利用の際に、よろしければ探してみて下さいね。
秋が深まるにつれ、読書熱が増しているので、
このディスプレイ見ただけで、なんだかワクワクしてしまう。
読書は心の栄養。「食欲の秋」だけは回避したいと思います。
ホテルメッツ赤羽|2014.10.19 (14:09)
JR東日本グループJR東日本ホテルズ
© Hotel Mets