2020年度グッドデザイン賞 受賞

2020年10月1日更新

GOOD DESIGN AWARD グッドデザイン賞

JR東日本ホテルメッツ 札幌は2020年度グッドデザイン賞を受賞しました。

柱と梁のないフラットで居住性に優れた空間、免震+壁構造による耐震安全性が内装デザインや外観にも現れている構造手法が高く評価されました。
また、JR東日本ホテルメッツにおいてグッドデザイン賞は初の受賞となります。

・グッドデザイン賞 審査員の評価コメント
柱梁がなくフラットパネルだけで床壁天井を構成したビジネスホテル。
目を引いたのはその圧倒的な構造美であり、ファサードの軽やかさに現れている。 廊下壁のフィーレンディールなど、ホテルの特性を逆手にとった構造手法も素晴らしい。 免震構造を採用し、250mmの壁、300mmボイドスラブで全体を構成し、内装デザインにも貢献している。 従来のホテル建築の多くが強い柱梁によってデザインの限界があったがそれを解放した点が高く評価された。
詳細はコチラ
・グッドデザイン賞とは
1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。
デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。 受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。※公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン賞事務局のHPより抜粋
https://www.g-mark.org/