TOURISM
周辺観光

TOURISM GUIDE
周辺観光のご案内

長岡周辺エリアへの
旅の拠点に最適です

長岡まつり大花火大会や新潟県立近代美術館など長岡周辺エリアは見どころがたくさん。
JR長岡駅東口連絡通路より徒歩1分、目的地への移動も快適なベストロケーションです。
イメージ
A

市場・産直
寺泊魚の市場通り

50分

長岡市寺泊地区は日本海に面した国道402号線沿いに、通称「魚のアメ横」と呼ばれる海産物市場が軒を連ねています。
冷凍や加工品も含め新鮮で安い魚の宝庫から、首都圏からも大勢の観光客が訪れ連日賑いをみせています。
イメージ
B

文化・自然
国営越後丘陵公園

35分

越後の豊かな自然に恵まれた園内では、雪割草、カタクリ、チューリップ、ばら、コスモス 、そしてさまざまな山野草が季節を通じて咲き誇ります。また、お子様が一日中楽しめる 芝生広場や26種類の木製遊具、ふわふわドーム、水遊び広場も充実しています。
イメージ
C

神社仏閣
宝徳山稲荷大社

35分

天照白菊宝徳大神をまつるこの神社は、地元の人々には岩塚のお稲荷さんと親しまれ、ローソクのお稲荷さんとも言われています。
毎年春秋2回の大祭では全国各地から年間の30万人の参拝者が訪れ賑わいます。
イメージ
D

祭り・伝統行事
山古志闘牛場

40分

長岡市山古志地区は、古くから牛の角突きが有名で、勇壮な「山古志闘牛大会」が開催され、多くの観光客が訪れます。
山古志の牛の角突きは勢子と呼ばれる男たちが、角を突き合わせ、激しくぶつかり合う牛の間に分け入って牛を取り押さえる様子も見ごたえがあります。
イメージ
E

博物館・記念館
山本五十六記念館

15分

山本五十六記念館. 山本五十六の誕生から連合艦隊司令長官時代まで、激動の世紀 に、優しく強い心で生きた「人間・山本五十六」の秀れた国際感覚・郷土愛を中心に紹介 。
イメージ
F

博物館・記念館
河井継之助記念館

15分

戊辰戦争の一部をなす北越戦争で長岡藩側を主導したことで知られています。窓からは、継之助が暮らした当時の面影が残る庭を眺めることもできます。
西国遊歴の際に書いた旅日記『塵壺(ちりつぼ)』や、旅先の九州で買った蓑(みの)、司馬遼太郎の小説『峠』の自筆原稿などを展示。
SITE INSPECTOR(サイト内ウイルス検索)
|最終検査:2022.07.03 17:35
|パターン更新:2022.07.03 16:24